服薬情報提供書

調剤薬局の日常業務

4月からせっせと薬剤師の仕事の一つである服薬情報提供書を書いている。薬歴と言われるものはその都度パソコンに入力する。だけど服薬情報提供書は少し時間遅れで書くことが多かった。

そうするとどうしても誰のだったか❓になることが多かったのは事実。最近お薬の説明をしている時これだと思ったら、日にちと名前とポイントをメモ帳に書くようにした。

そうしたらとてもスムーズに書きやすくなった。

大した内容でなくても書くようにしたしている。後で見返すとつまらん内容のものは多くあるがここは我慢のしどころ。

枚数も内容も重要だとは思うがまずは毎月30枚はなんとか達成したい。
患者さんに薬を説明するときに意識はするようになってきた。1日に1枚か2枚をなんとか。

医師もそれほど私の文章に期待はしていないと思うので気にしないで頑張っていきたい。
カッコ良いものを作成しようとしたらなおさらつまらない内容になる。

処方元の医師も知っている情報かもしれないが日々頑張るしかない。

鹿児島市内に入院した人の情報提供書、入院する前日にファックスした。手術は何日か前に終わったと思うがうまくいったんだろうか。元気になって帰ってきて欲しい。

タイトルとURLをコピーしました