ロウニンアジ

徳之島days

奄美大島には医薬品の卸さんの営業所がある。そこに勤めている方から写メを送っていただいた。月曜日は休みにしてカンパチを釣りに来ているとのこと。いいねと思った。

電話をしたら風切音でうるさい。どこにいるのかと言ったら、船の上である。奄美本島と加計呂麻島の間の瀬戸内にいるとのこと。私もこの場所にはよく行ったが、最高に綺麗な海がある場所である。

以前、加計呂麻島に行きハーフマラソンに出たことがある。
もっと昔になるが、MR時代ここまで仕事で来ていた。当時、診療所はこの町には3つあったと思う。色々な製薬会社があるが、鹿児島市内の一部とある離島担当という人が多い。離島だけを担当する人は少ないかも。私のマリン薬局にわざわざ三笠製薬の人が来てくれるが、沖縄本島から来ている。かなり脱線してしまった。

写真は、そこで釣れた魚だそうである。一番下はロウニンアジである。右下の赤い魚は、オジサンだそうである。カンパチは釣れなかったそうだ。

こんな魚がこの近海ではよく釣れる。この瀬戸内海のような場所は比較的穏やかな海であり、たくさんのサンゴも生きている。観光できた人たちは、半潜水艦に乗って海の中を覗くことができる。この乗り物には、なぜか3回ほど乗ったことがある。

平成の時代になるが、この地が寅さんの男はつらいよのロケ地になった。

全国の人に最高の海がある奄美群島に遊びに是非来て欲しい。

タイトルとURLをコピーしました