少しずつ

日常の出来事

2月17日昨日の夕方もしくは今日金曜日の朝刊に、コロナウイルス感染症の自宅療養する患者さんのオンライン診療をする場合、診療報酬の上乗せがあり2,500円から5,000円に引き上げると書いてあった。

医療機関名を公表しているなど何点か要件があるみたいである。鹿児島県のホームページで発熱外来をしている医療機関名を見てみた。

どんな人でも受診できる医療機関とかかりつけ患者が受けることができる医療機関に分けて載せてあった。この細かい差は私はしっかりわかってはいない。ただ、医療機関名を公表するもしくは公表しないの差はどれほどなのだろうか。

少なくとも1医療機関で1人医師で診察をしている場合、公表をして診察をしていくのはハードな感じもする。1人でオンライン診察並びに通常の診察をするとなれば周りにいる看護師やその他の医療従事者とのコンビネーションが完璧にできてないとうまくできなだろう。

薬局においても近い将来オンラインと今までの通常の流れが混ざった状態をやり抜かなくてはいけない状態になります。

今のうちに少しずつしておかなくてはまずできないだろう。

この間からやっている服薬中に患者さんをオンラインでフォローすることを鹿児島の薬局でもできるようになってきた。

最近みんなのやる気がすごい。

タイトルとURLをコピーしました