鳥を見ていると

日常の出来事

鳥ばっかりで申し訳ない。昨日は一日中雨が降っていたが車の中から鳥を撮影した。この間から撮影していた黒い鳥は、じっくりみていると鵜のようである。その周辺でいるのは鴨がいる。

じっと観察していると鳥は雨風の影響がない場所でじっとしているように見える。人間が近づこうものならすぐに飛んで逃げていく。人間は休んでいる時には、どんな外敵も考えずにゆっくり眠れるが、鳥はそうはいかない。

だが今後は人間もそうはいかなくなっているのかもしれない。物騒な世の中になってきた。

想像したくはないが何も起きないように祈る。

それとは別に近い将来南海トラフ地震がおきる可能性もある。こんなのが起きたら建物、人間はものの見事に流されるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました