伊仙町の犬田布岬

徳之島days

仕事で天城町まで行きそこから亀津に帰る時、いつもでしたら島の中心に位置する三京という場所を通って帰ることが多いですが、時間があって晴れている日には伊仙町の犬田布岬に寄り道をします。そこは徳之島の南西に位置し岬の展望台から島と海を見るとその絶景にはびっくりします。こんなに海の色は青いんだなと感じるところです。かなり高い位置から見ても海が透き通って見えます。岬の北側は崖になっていて家などの建物がいっさい見えないのいいです。

犬田布岬には、戦艦大和の戦没者を祀った慰霊塔があります。海を見て岬の突端の左側に青々とした芝生が目に入ってきます。その中に慰霊塔がそそり立っています。人が合掌しているように見え24mの高さがあり戦艦大和の司令塔の高さに合わせているみたいです。元乗組員の方の証言からこの地に昭和43年に建てられました。

そののち、戦艦大和の沈没地場所は鹿児島の枕崎市から西南西200kmのところであると判明しました。

展望台からは東シナ海を180度見ることができる場所で太陽が沈むところを見ることもできます。1人でいくと誰もいなくて私だけであることがあります。そこを1人で歩くとなんとも言えない感じで気分も落ち着く感じがします。日本の岬を何箇所かいきましたが、そことは違った感じがします。

徳之島に来た際には行って欲しい場所です。

タイトルとURLをコピーしました