離島での健康教室

徳之島days

ある町の保健センターの女性職員より、薬剤師の立場でお薬のことについて集落の高齢者に話をしてくださいと言われてました。写真の題で、そのパンフレットを使用して行いたいと考えています。

離島になると島外から講師をお呼びしお話をしてもらうのはあらゆる点から難しい。なので薬剤師であればこの島にいる薬剤師がするしかない。

2日前に保健センターに行き日程と時間そして内容について簡単な事前打ち合わせをしました。

同じ日にある医療機関の医師そして歯科医師の先生が生活習慣病について30分ずつお話&質疑応答をしていた。主催は、保健センターです。

100人ほどの椅子が準備されていて、約半分ぐらいの椅子に町民が座っていたと思います。ということは約50人ぐらいになります。私だったら何人ぐらいになるだろうか。

医師の先生は、出席された町民に対し簡単にわかりやすく説明していた。

私は来年1月にお薬の説明をすることになっている。約30分ぐらいになると考えられます。内容は、睡眠薬の服用、お薬手帳、他科受診による重複服用などに関してなどわかりやすく話したいと考えています。

うまくいくかは事前準備にかかっています。

まずは、このような機会を作っていただいたことに感謝いたします。

タイトルとURLをコピーしました