薬の説明 出張します

マリン薬局

薬物乱用教室を行った中学校の養護の先生からお礼の手紙をいただきました。中身は校長先生からにはなります。その内容は養護の先生が書かれたものだと思います。

お礼と一緒にこどもさんが書かれた感想文を添えて郵送して頂きました。

教室をする前に学校側より講師依頼書をできる限り提出してもらっています。いつするのかそして何が目的でどのような内容でというのが記されています。

その目的の内容で学校がここを話してほしい力の入れ具合の場所がわかります。それを知るためにも出してもらいます。1年間に9回ほどとはいえやっているのでわからなくなります。

終わった後にはお礼ではありますがその報告書と感想文を頂くことは多いです。

そのお礼の中には写真付きでこどもさんの写真も入っています。どんな感じでしていたのかがわかります。その報告書並びにお礼文が結構私には効きます。

後で見直した時でもよくわかると思います。この学校からは入学式、卒業式、運動会、文化祭だったと思いますがさまざまな学校行事の予定や報告書が送られてきます。

丁寧にしていただければしていただくほど私もしっかりとしなくてはいけないと思います。

町でこんな薬局があってよかったねと感じてもらうように活動はしていきたい。お薬を処方せんを通しての仕事ばかりでなく町の薬の専門家として日頃からなんでも相談してください出張はなんでもしますと言った姿勢で頑張ります。

必要と有れば薬剤師だけでなく違った職種の方も連れていけば良いです。

町にある学校だけでなく会社組織でも薬のことで出張説明会は行きたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました