流れ

調剤薬局の日常業務

今後1年後も含め薬局が受け付ける処方せんの流れは色々ある。従来の患者さんが持参によるもの、オンラインの写メによるもの、ファックスによるもの、電子処方せんをクラウド上からによるもの、そしてそれがいつをもって受け付けたのかいつかよくわからない。

受付した時点で薬剤師が患者さんに対して処方せんどおり薬を準備して良いか、問題ないか確認する。問題なければ薬を取り揃える始めるが、色々な受付の方法があるとどこから調剤がスタートしているのかがよくわからない。

そしてコロナウイルス感染症が蔓延してからはよりわからない感じもする。調剤の流れがなあなあになっている感じがする。

受付だけではない調剤の流れをひとつひとつ丁寧に考え、自薬局の調剤の流れを紙もしくはパソコン上に書き出して考えたい。

タイトルとURLをコピーしました