スムーズに撮影、検査

調剤薬局の日常業務

県の事業であるpcr検査等のお手伝いを何人分しただろうか。都会に比べればかなり少ないと思われるがしてきました。やり始めたのは1月19日から。約1ヶ月経過した。

検査センターに送った検体の結果が少し前は4日かかっていたが今は次の日には判明する。

県のホームページを見て来ましたという人もいれば人から聞いて来ましたという人もいる。電話もなく突然来る人もいれば、あらかじめ電話して来る人もいる。

検査依頼は前もって電話をしてほしいと思っていましたが、今はいつでもOKに気持ちを変更した。検査センターに送る飛行機に間に合わないといけないのでその時間には合わせてもらいたいと思っている。

薬局の動きはスムーズになっている。スムーズになるように検査依頼されて来た方にも上手く動いてもらえるようにしている。ストレスなく検査する側もされる側も動けているのではないかと思う。

検査が終わった時、寒い中お疲れさんと言ってくれる方は多い。すごく嬉しい。

ある程度落ち着いた時に地域の皆さんに結果報告もしていきたい。

この事業は2ヶ月半ぐらいの仕事ですが、とても勉強させてもらった。この経験が4月からの薬局の仕事にも間違いなく役に立つと思っている。やってよかった。

県庁、徳之島保健所、徳之島の町役場の方々や鹿児島県薬剤師会の女性職員の方に教えてもらったことでやり始めることができた。そして、薬局の社員にも助けてもらった。

この地域の人々にはこのpcr検査等事業に参加したことをはいつまでも覚えてくれていると思っています。

これからもマリン薬局よろしくお願いします。

写真はまだ下手ですがよろしくお願いします。4月ぐらいから島にやってくる鳥さんよろしく。

タイトルとURLをコピーしました