血圧の薬 

調剤薬局の日常業務

私は血圧の薬オルメサルタン10mgを服用して10年ぐらいになるだろうか、同時に尿酸の薬フェブリク錠20mgも同時に服用し始めた。

何年前だろうか尿酸値は5台だったのでフェブリク錠はもう服用していない。血圧の薬を服用始めたきっかけは、体重が80kgは超えておりなおかつ毎日お酒も飲み、鹿児島の天文館に会合の機会もありかなりの頻度で飲みに行っていた時期があった。

翌朝の2時ごろに天文館のど真ん中に立っていたことは多かった。

流石に、血圧も高くなった。特に下の血圧が90を超えた時期があった。

最近は70kg台であり、飲酒はいっさいしていない。夜は9時ごろには寝ている。夜9時以降はお菓子類も含め口にしていない。

5年ほど前だろうか、ひたすらトライアスロンやトレイルランニングをしている時には、かなり痩せた。その当時も血圧の薬を服用していた。ふらふらとふらつく時期はあった。血圧は110台であり下も80前後の時期があった。

最近は、ちょっと運動には遠ざかってかいる。ふらつくことはなくなったが、120前後80前後である。記帳していないのではっきりはわからない。1ヶ月前だろうか2週間ほど服用しなかったが同じ数値であった。

今、オルメサルタン10mgを毎日服用している。服用が終了になるタイミングってどういう時なんだろうか。それを患者さんに言葉で言えたらと思うが医師はどう言っているのだろうか。

薬剤師の立場であれば皆さんどう言ってるのでしょうか。薬を渡すだけの薬剤師であれば、難しい。

渡す時は渡すだけでも良いが、薬の終了ゴール地点を理解してもらい、日々のモチベーションを上げる日常生活の行動パターンを伝授しておかないといけないと思う。今一度考えたい。

タイトルとURLをコピーしました