宅配便さんお疲れ様

調剤薬局の日常業務

オミクロンが蔓延している中でも、薬の荷物をなんとかマリン薬局まで配達してくれている。

宅配する人が1人2人感染してしまうことで会社を休むことになると配達の業務の人が減る。そうなってしまうとお盆、お中元の時期がさらに荷物が増え大変な状態になっていると聞く。

こんな状態でも遅延を最小限にしてくれている。助かります。

細かいことはわからないが、集荷はできない状態になっている。自ら宅配会社まで持っていかなくてはいけない。そのため鹿児島市内に送りたいものを配送センターまで持って行った。電話しても出られないことは多い。

ある人が言っていたが、マンゴーが配送センターにいっぱいあったとのこと。優先順位があるみたいだ。ナマモノは早めに送らないと腐ってしまう。

以前からアマゾンや楽天などの商品の配送はかなり増えていると思われる。私もそれに助けてもらっている状態。私だけでも何件か増えていている、全島で考えればとんでもない量なのかもしれない。想像がつかない。よくAmazonの段ボール箱をこの島で見る。

たまには自分の手で運んだ方が良いとも思うがそれに慣れてしまった私は無理。いつかはこの宅配システム、パンクしないだろうか。

検査キットのネット販売とか言ってるが、そんなのできるのかと疑問が残る。どこに検査キットが残っているのか、また、それをどう配送できるのかそう考えてしまう。ネットで配送を依頼する若い人って、配送されてきた時には既に元気になって陰性になっているのではと思う。前もって手元に置いておくのだろうか。

将来の宅配はこんな手があったのかと、それ自体を変える何か違うことを考えている人が出てくればその人は成功するように感じる。

タイトルとURLをコピーしました