処方箋など進化していきます

日常の出来事

昨年11月か12月ぐらいに鹿児島-沖縄間の船を新しくしていた。かなり大きくなっています。昭和の時代、北海道-青森を行き来した青函連絡船ってどれくらいの大きさだっただろう。

色々変わっている。

処方箋は、今まで薬局で受け付けていたのは紙に印刷したもの。来年の1月からは電子処方箋と言われるものが導入されます。

それから今年の4月からはリフィル処方箋と言われるものも新たに追加されます。

上記のほかにこの1〜2年でオンライン資格確認と言われるものが導入され動き出します。これは国民のみなさんがマイナンバーカードに保険証の機能を持たせ、みなさんがこのカードを持って医療機関や薬局で提示している頃にかなり進んでいることでしょう。

昨年私自身はマイナンバーカードを作り役所で保険証の機能をつけてもらいました。

オンラインでの服薬指導ももっと進化していきます。今後、パソコンの中でさまざまなデータが閲覧そして管理できるようになります。

電子処方箋&リフィル処方箋になった時は、患者さん本人はどこに処方箋があるのか想像できるでしょうか。紛失というのがなくなるかもしれない。薬局が紛失するかもしれませんが。

今月57歳になりますが、なんとかついていかなければいけない。だけど私が70歳近くなってくる頃にはどうなっているんだろうと思います。

それぐらいの年齢の人でもテキパキとしている人はいます。その中に入っておきたいです。

タイトルとURLをコピーしました