古いのも新しいものも使い方次第

日常の出来事

父親は海の磯釣りや鮎釣りを趣味にしていたが、私が鹿児島で住むようになった頃からカメラで色々なものを写すことを趣味にしていた。
私はニコンのミラーレスのエントリー機種と言われているZ50というカメラを今年になって購入しました。それを父が聞き私に今使用していないキャノンの一眼レフのカメラとレンズを徳之島まで送ってきた。カメラは1台だがそれに接続できるレンズ7本もありました。まだ家にどれほどのカメラとレンズがあるのか想像できないです。

釣り関係では、魚釣りの竿やリールそれも磯ものや鮎釣りものなど色々種類がありその数も多くあります。かなり趣味にお金をかけています。

カメラは、2010年台半ばでよく世の中で使われていた機種なのでひとつひとつが重たい感じがします。その中で、今私が持っているカメラのセットでは写すことができない写真を撮影できる点と持ち歩きの点の2点を考えると3個のレンズが使える感じがします。

カメラとレンズその周辺機器は日々進化しています。今年購入したものと今回もらったものそれぞれに良いところがあります。使うレンズを考えて良い写真を撮影したいと感じています。仕事では、zoom配信での人とのやり取りにに利用します。

7月から8月にかけて徳之島ではマンゴーを食べることができます。甘さもさまざまで最近毎日朝食べています。贈答品でなければかなり安く手に入ります。

タイトルとURLをコピーしました