持参依頼 島は晴れ

調剤薬局の日常業務

ポータルサイトを使いこなすことが今後の第一歩かもしれない。4月からではあったが何千回とマイナンバーカードに保険証の機能を付けますかの連呼をしてきた。そしてポータルサイトの読み取り機器にそのカードを挿入して健康保険証の確認や服用薬の確認をしてきた。

毎回カードを持参する方は慣れてきて自分で勝手にポータルサイトの読み取り機器に挿入しいつの間にか受付ができている人もいる。

持っている人と持っていない人そして提示する人の差ができつつある。

今や過去にどんな薬を服用しているのか、わかるのとわからないのではかなり差がある。

分かれば自信を持って薬剤師も説明はできるが、わからないと中途半端になってしまう。そのような薬の説明になっていることは多いのは事実。

持っていない人がよく不思議な言い方をされる。今服用している薬がわからないのに、一緒に服用して良いですかの質問をされる患者さんは多い。

情報が揃った上で薬の説明ができる。

ほとんど病院には行かないからお薬手帳を持たないという人もいるが、今まで一回も行かない人は無いと思う。その時に使用した薬についてわかることが、今の治療のために医師が処方する薬の選択に繋がることも理解してもらいたい。医師がお薬手帳やポータルサイトからみられるデータを見ているかわかりませんが。

自分の病気に対する治療に損していることがあることを。

製薬会社も必死になって飲み合わせが悪い薬を作ってこなかった。もし世の中に飲み合わせが悪い薬がいっぱいあってそれが副作用に直結するものであれば必ず持参するかもしれない。

少しでもリスク減らしたり、病気が回り道をせずに治癒に向かうための一つの手段としてお薬手帳、マイナンバーカードを持ってもらうようそして持参してもらうよう薬剤師が言っていかなくてはいけない。

タイトルとURLをコピーしました